ウラシマソウ - 浦島草 -

--- 何処となく、ユーモラス。

ウラシマソウの花姿


何処となく、破れ傘の下で釣りをしているようにも見えます。

花に見える部分は、実は「仏炎苞」と呼ばれるもの。
この濃紫の苞の中に、花があります。
長ーく垂れた釣り糸は、花茎の上部が伸びたものです。

サトイモ科テンナンショウ属。
雌雄異株なのですが、栄養状態によって性転換するそうです。


前のページへ