ピラカンサ - 常盤山櫨子 -

--- またの名を、『トキワサンザシ』。

ピラカンサの花姿


そして、オレンジの実はタチバナモドキ(橘擬)。

総称して、ピラカンサ。学名から来ています。
「火+とげ」を意味するギリシャ語からの造語で、「火」は果実の色を表しているそうです。

刈り込みによく耐え、花も果実も美しいため、生垣によく使われています。

写真上にカーソルを置くと、ピラカンサの花が見られます。


前のページへ