キンモクセイ - 金木犀 -

--- 秋の季語、またの名を『桂の花』。

キンモクセイの花姿


「歩みきて ふとしも匂へ 山の手の 日の照る坂の 木犀の花」(太田水穂)
という歌の通り、姿よりも、その芳香によって存在が分かる秋の花。

お酒の香り付けに使われたり、中国では乾燥させた金木犀の花を入れたチャーハンというのも あるそうです。


前のページへ